忍者ブログ

VB.NET-TIPS などプログラミングについて

VB.NETのTIPS(小技集)を中心に、その他のプログラミングについて少し役に立つ情報を発信します。いわゆる個人的な忘備録ですが、みなさんのお役に立てれば幸いです。

指定フォルダ内の全ファイルをクリア

指定されたフォルダの中のファイルを全てクリアする関数です。 フォルダ内のファイル一覧を取得には System.IO.Directory.GetFiles を用います。
取得されたファイル一覧に従って、個別にクリアを繰り返します。 ファイルクリアは System.IO.File.Create でファイルを生成/上書きでファイルをオープンし、すぐにクローズすることで行います。

System.IO.Directory.GetFiles 関数について

Public Shared Function GetFiles (path As String) As String()
path:
    検索するディレクトリの相対パスまたは絶対パス。 この文字列の大文字と小文字は区別されません。
戻り値:
    指定したディレクトリ内のファイルの完全名 (パスを含む) の配列。
    ファイルが見つからない場合は空の配列。(空と言うことはLengthが 0 のString配列)

System.IO.File.Create 関数について

Public Shared Function Create (path As String) As FileStream
path:
    作成するファイルのパスと名前。
戻り値:
    FileStream で指定したファイルへの読み取り/書き込みアクセスを提供する path

指定フォルダ内の全ファイルをクリア

    ''' -----------------------------------------------------------------------
    ''' 
    ''' 指定フォルダ内の全ファイルをクリア
    ''' 
    ''' <param name="astrDesFolderName">指定フォルダ</param>
    ''' True:正常, False:エラー
    ''' -----------------------------------------------------------------------
    Function ClearFolderFile(ByVal astrDesFolderName As String) As Boolean
        '戻り値初期化
        ClearFolderFile = False
        Try
            '指定フォルダ内の全ファイルを取得
            Dim arrFiles() As String = System.IO.Directory.GetFiles(astrDesFolderName)

            '全ファイルクリア
            For Each strFile As String In arrFiles
                'File.Create メソッドを使用してファイルを作成する
                Using fs As System.IO.FileStream = System.IO.File.Create(strFile)
                    'ファイルクローズ
                    fs.Close()
                End Using
            Next

            '正常終了
            Return True

        Catch ex As Exception
            'エラー処理が必要な場合は、ここに記述する
        End Try
    End Function
PR

コメント

コメントを書く